車輌診断器|(株)ロッキー ファクトリー
運輸局指定民間車検工場   車検・予備検・修理など自動車の事ならお任せ下さい
ホーム → 車輌診断器




株式会社ロッキー ファクトリー

埼玉県さいたま市南区曲本1-16-2

TEL:     048-864-6261

営業時間: AM9:00~PM6:00

定休日:   毎週日曜日・祝日



株式会社ロッキー ショールーム


営業時間: AM10:00~PM7:00

AM10:00~PM6:00 (日曜・祝日)

定休日:   毎週木曜日


URL: http://www.rokkey.co.jp

近年の車は電子制御化され、メンテンナンスにはテスターが必要です。
 
診断料 ¥8,000(税込)
ご希望の診断項目の件数や診断の結果修理の必要がある際は、別途料金がかかる場合があります。
詳しくはお問い合わせ下さい。
   
当店では自動車の診断に欠かせない故障診断器(テスター)を各種準備し、お客様の大事なお車をあらゆる面から細かくチェック致します。

現在の自動車はコンピュータ制御により、エンジンの状態からエアコンやメーターなど、細かな制御やチェックを行っております。

電子制御系統にトラブルが発生した場合、故障診断器は自動車のコンピュータに記憶されている情報からトラブルコードを読み取り、修復のサポートを行います。

必要な場合は、トラブルの原因を取り除いたあとに再プログラミングなども行います。
   
 ◇各種診断器

MDI
GMの新世代の故障診断器です。
2010年式シボレーカマロなどはこの診断器でなければ診断ができません。
対応車種
2010年式シボレーカマロほか、今後のGM系新型車

TECH2
GM系車両で使用する故障診断器です。
車の各部状況を診断するだけでなく、ECU(エンジンのコンピュータ)などの電子部品に組み込まれているプログラムが不適切なものであれば、最適なものを再プログラムする事もできます。
対応車種
GM系車(シボレー車、キャデラック車、オペル車、サーブ車など)

STAR DIAGNOSIS(DAS)
メルセデスベンツのディーラーで使用する故障診断器です。
電子部品交換後のプログラミングや不具合時の再プログラミング、メーターに表示される言語の日本語化などもできます。
対応車種
メルセデスベンツ車、スマート車

CHRYSLER DRB-III FACTORY SCAN TOOL
クライスラーのディーラーで使用する故障診断器です。
電子部品交換後のプログラミングや不具合時の再プログラミング、メーターに表示される言語の日本語化などもできます。
対応車種
クライスラー系車(ダッジ車、ジープ車)

VCT2000
ボルボのディーラーで使用する故障診断器です。
電子部品交換後のプログラミングや不具合時の再プログラミング、メーターに表示される言語の日本語化などもできます。
対応車種
ボルボ車

DIS
BMWのディーラーで使用する故障診断器です。
電子部品交換後のプログラミングや不具合時の再プログラミング、メーターに表示される言語の日本語化などもできます。
対応車種
BMW系車(BMW MINI車)

PIWIS
ポルシェのディーラーで使用する故障診断器です。
電子部品交換後のプログラミングや不具合時の再プログラミング、メーターに表示される言語の日本語化などもできます。
対応車種
ポルシェ車

IDS/WDS
フォードのディーラーで使用する故障診断器です。
電子部品交換後のプログラミングや不具合時の再プログラミング、メーターに表示される言語の日本語化などもできます。
対応車種
フォード系車(リンカーン車など)
   
故障診断器の重要性

最近の自動車は各部が電子制御となり、故障診断には専用の故障診断器が必須となりました。

故障診断器がまだ主流ではなかった頃、故障原因を突き止めるには
「考えられる部品を一つ一つ点検(場合によっては交換)しながら原因を特定していく…」
という方法しかありませんでした。

例えば「電動パワーシートが動かない」というトラブルの場合、
・電動パワーシートのスイッチに異常が無いか…
・シート下部などにあるパワーシートのコントロールユニットに異常がないか…
・コントロールユニットからパワーシートまでの配線上に不具合がないか…
などといった具合です。

故障診断器での診断が当たり前になった現在では、車両のコンピュータに記録されている故障履歴を見ると、トラブルの種類や修復作業に関する情報を表示して整備の手助けをしてくれています。
結果、原因特定までの作業時間が大幅に短縮され、的確な修理が実施できるようになりました。

ほかにも、原因特定が難しい配線や指示系統のチェックも可能で、配線ショートやトラブルが発生している部品を発見するなど、整備の現場にはなくてはならない存在です。

故障診断器は、ソフトウェアのバージョンアップを行う事で診断器としての能力を維持し続け、新たに発生するトラブルにも対処する事ができます。

TOP | 輸入車改善 | 車輌診断器 | 車検設備 | 点検修理 | 作業例 | お問い合わせ | 会社概要 | ブロク | 自動車税 | 重量税・自賠責保険 | 単位換算表 | リンク


Copyright (c) ROKKEY All rights reserved.